白不動の隠れ家 in HARUNA

※このページは「白不動の元締」こと「HappyEight」がお送りしている雑種雑多な書き殴りページです。
「白不動の仕事場」とはほぼ同一内容ですが微妙に味付けが違います。
※このページの閲覧はパブリック設定にしてありますのでどなたでも可能ですが、コメントはHARUNAメンバーのみに限定しています。
※なお、思いっきりネタバレがございますのでその点を御了承ください。
※また、日記(本文)・設定・テーマを含めちょくちょく訂正・追加・補足・削除をしております。いきなり変わっても驚かないように。
※通常、前日22時~26時(当日深夜2時)頃に更新をしていま……したが今では時間にあっては不定期です。
※更新すらままならず、月単位で放置することも(泣)。
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
カレンダー
<< 2009/08 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009年08月31日 月曜日

[]2009年09月期発売分コミック・購入希望リスト 11:50

 

04 秋田書店 オチつく家族 重野なおき+藤島じゅん

04 こちら葛飾区亀有公園前派出所(166)

04 黒子のバスケ(3)

04 会長はメイド様!(8)

05 ゴルゴ13(154) 勇者が勝利する

09 コンシェルジュ(17)

17 魔法先生ネギま!(27)

17 絶対可憐チルドレン(18)

18 デカワンコ(3)

23 薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者(上)

23 喰いタン(15)

23 クッキングパパ(106)

25 オークス ●グラマラスウィーツ うーりん

26 茜新社 ●裏山のひみつ基地 嶺本八美

26 よいこのしごと(2)

26 シュレディンガーの妻は元気か(2)

26 ●熟母遊戯 ~いとしいひと~ 海野幸

30 美味しんぼ(103)

 

(情報もと;まんが王)

2009年08月16日 日曜日

[]科捜研の女(09年版-第9期) 01:11

#04

前話(#03)につづいて身内の危機ネタ。

今回は京都洛北医大の監察医・風丘女医の疑惑。

 

女性の転落死体を解剖していないのにもかかわらず、解剖したという虚偽の文書を作成した嫌疑をかけられた風丘。

ソレを解明しようとするマリコ達科捜研だが、証拠は風丘に不利なモノばかりで……。

 

今回はオーソドックスな話の展開だが結末だけが納得いかない。

ネタバレになるので詳述は避けるが、嫌疑の晴れた風丘があっさり許すと言うくだり。

本来なら、マスコミや警察も含め、もっと反撃『するべき』なのにアレはないのではないのか。

反撃は言い過ぎにしても、あの対応は緩すぎる点で後味は『私にしてみれば』良くなかった。

 

ちなみに被害者の息子はこれまたウルトラマンメビウスのクゼ・テッペイ役の内野謙太

どこかで見たような……と思って見終わった後で必死に思い出そうとして諦めて、寝床に入って思い出した。

2009年08月01日 土曜日

[]科捜研の女(09年版-第9期) 23:57

#03

ようやっと、撮っていた分を見ることが出来た(汗)。

今話は科捜研物理研究員の乾の小学時代の同級生が絡む事件。

 

終盤、あのくらいの距離だったら血痕ぐらい鑑識が見つけてくれよ(苦笑)。

まあ夜間でブラックライトを使うのが科捜研サイドしかいない、と言えばそれまでだけど。

ただ、それを打ち消すぐらい鑑識の証拠採集シーンがいつにもまして多かった。

被害者宅、殺害現場、偽造屋の住居等々。

 

焼かれた紙片を一片ずつシートに移して、スキャンして、解像度を変えて、波長を変えて……。

ああいう、わざわざ解析・分析シーンを長々と尺を取って放映する、その根性が気に入った。

 

新聞の評で「地味が良い」云々などと書かれていたが、同じ事を考える方もいるものだと。

それこそ「CSI」や「警視庁鑑識班」辺りだとそれが売りなんだが、良くある刑事ドラマでは「鑑識からの報告です!」「分析結果が出ました!」の脇役の一言で終わらすことが多いから萎える。