白不動の隠れ家 in HARUNA

※このページは「白不動の元締」こと「HappyEight」がお送りしている雑種雑多な書き殴りページです。
「白不動の仕事場」とはほぼ同一内容ですが微妙に味付けが違います。
※このページの閲覧はパブリック設定にしてありますのでどなたでも可能ですが、コメントはHARUNAメンバーのみに限定しています。
※なお、思いっきりネタバレがございますのでその点を御了承ください。
※また、日記(本文)・設定・テーマを含めちょくちょく訂正・追加・補足・削除をしております。いきなり変わっても驚かないように。
※通常、前日22時~26時(当日深夜2時)頃に更新をしていま……したが今では時間にあっては不定期です。
※更新すらままならず、月単位で放置することも(泣)。
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
カレンダー
<< 2008/09 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2008年09月30日 火曜日

[]クリミナル・マインド 12:02

#03 Won't Get Fooled Again 「邦題:パームビーチの爆弾魔 (直訳:愚行は繰り返させない)」

フロリダ州はパームビーチに於いて連続爆弾事件が発生。

BAUチームが乗り出す直前、ニュース中継の最中に三件目が。

これ以上のパニックを警戒したチームはすぐに現場に飛ぶ。

一方、クワンティコの本部で爆弾の構造を復元したモーガンは、その爆弾がかつてギデオンが手がけ6人の殉職者を出した事件のものに酷似していることを発見する。

その犯人の名ははA・ベイル。現在終身刑を喰らい服役中の身。

ギデオンはベイルに会いに刑務所に向かう。

⇒「get + 過去分詞」で「~される」という意味。「won't = will not」だから未来の否定。

つまり、サブタイトルギデオンの過去の失敗(=殉職者を出した)を繰り返させないという強い意志の表れ。

もっと砕けて言うと「あんな事を二度とやられて溜まるか」という感じなのかな?

実際、今回も祭壇に乗りそうになった人間が、チームの中にいたが(汗)。

トラウマを自分で克服してしまった(?)ギデオン

そうそう、4発目であっただろう爆弾を持ってしまった女の子の根性に乾杯。

2008年09月23日 火曜日

[]クリミナル・マインド 02:08

#02 Compulsion 「邦題:キャンパス連続放火犯 (直訳:強迫衝動・強迫観念)」

某大学のキャンパス内で起こる連続放火事件。

遂に死者を出すに至り、BAUチームに出動要請。

が、従来の放火犯の分析が当てはまらず困惑する。

そして目の前で新たな被害者が。

⇒今回のキーワードは「常識からの脱却」。英語だと「outside the box」。

ここに至ってCSI第二期の「破壊捜査 壁の向こう側(#05)」を思い出す。

あのときは「四角の外へ出ろ!」だったけど。

2008年09月21日 日曜日

[]クリミナル・マインド 01:41

アメリカ、連邦捜査局。通称FBI

そこに所属する行動分析課(英語だとBehavioral Analysis Unit。通称はBAU)に所属する捜査官達が連続凶悪犯相手にプロファイリングを駆使し、事件を解決へと導くドラマ。

ネタがネタだけに、日本で言う39条に引っかかる連中が多数登場。

CSIと違って、プロファイラーとか言いながら結構アクションが凄い。

また、ミスディレクション(誤誘導)がとても上手で、「コイツが犯人?」と思わせておいてのどんでん返しが秀逸。 

現在第3期まで。

日本ではWOWOWで放送(第2期まで)。

ちなみに私は第1期全話をDVDで鑑賞。

 

以下、主な登場人物。

ギデオン……ベテラン捜査官。とある事件で部下6名を殉職させたため、1話スタート時点では一線から退いていた。「はぐれ刑事純情派」でいうところの安浦的な役どころ。

ホッチナー……チームリーダー。妻子持ち。冷静沈着。いつもスーツ。野心家らしいが、さて。

エル……女性プロファイラー。性犯罪専門。気が強い。

モーガン……犯罪者の立場から行動を分析するロールプレイングを得意とする。筋肉馬鹿?

リード……天才。博士号3つ。溢れる知識。一言多い。ある意味、このドラマはリードの成長物語とも見て取れる。

JJ……広報担当。マスコミ記者会見お役所仕事を管轄する。

ガルシア……IT担当。コンピューターを駆使してあらゆる情報を収集する。ムードメーカー

 

#01 Extreme Aggressor 「邦題:シアトルの絞殺魔(直訳:過激な侵略者)」

FBIで教鞭を執っていたギデオンに復帰命令が。

「連続絞殺犯に誘拐された女性を救い出せ」。

しかしプロファイルと矛盾している現場に捜査官達はどう答えを導くか。

 

⇒第1話からぐいぐいと引き込まれてしまった。

特に、次々と現れてくる証拠に対して、理論を積み上げて犯人に迫る様は凄い。

2008年09月16日 火曜日

[]2008年10月期発売分コミック・購入希望リスト 14:34

 

11 派遣戦士山田のり子(7)

16 ちぃちゃんのおしながき(5)

17 Q.E.D-証明終了-(31)

17 C.M.B. 森羅博物館の事件目録(9)

17 デカワンコ(1)

23 喰いタン(12)

24 市長 遠山京香(11)

25 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画(6)

25 ぷちえヴぁ(1)

25 金髪社員 白鳥ヒロシ

25 主任がゆく!(11)

27 わくわくワーキング(4)

29 監察医 朝顔(5)

31 ワニマガジン社 ● 尾崎未来作品集(仮) 尾崎未来

 

(情報もと;まんが王)