白不動の隠れ家 in HARUNA

※このページは「白不動の元締」こと「HappyEight」がお送りしている雑種雑多な書き殴りページです。
「白不動の仕事場」とはほぼ同一内容ですが微妙に味付けが違います。
※このページの閲覧はパブリック設定にしてありますのでどなたでも可能ですが、コメントはHARUNAメンバーのみに限定しています。
※なお、思いっきりネタバレがございますのでその点を御了承ください。
※また、日記(本文)・設定・テーマを含めちょくちょく訂正・追加・補足・削除をしております。いきなり変わっても驚かないように。
※通常、前日22時~26時(当日深夜2時)頃に更新をしていま……したが今では時間にあっては不定期です。
※更新すらままならず、月単位で放置することも(泣)。
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
カレンダー
<< 2006/03 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年03月31日 金曜日

[]マリー、エリー&アニスのアトリエ ~そよ風からの伝言01:06

現在3年目。

セカンドプレイ時には旨くやるぞと誓いつつ、ファーストプレイの現在は試行錯誤。

それでも三年目の本の執筆はさくさく終わらせて現在二冊目に突入。

アニスと契約すると調合が進まない(MPが低すぎ)ので彼女はスルーで。

 

2006年03月30日 木曜日調合

[]マリー、エリー&アニスのアトリエ ~そよ風からの伝言00:23

アトリエシリーズはこれが初購入。

コミック版は購入していたのだけど。

 

しかし、評判通りハマるハマる。

 

例えば、「うに爆弾」と言うアイテムがある。

これを作るためには「フラム」「うに」「中和剤(緑)」が必要である。

しかし「フラム」を作るためには「燃える砂」と「ロウ」が必要で、「燃える砂」を作るには「カノーネ岩」が、「ロウ」を作るには「ハチの巣」「燃える砂」「中和剤(緑)」がそれぞれ必要となる。

が、「ハチの巣」は妖精が持ってくるか夏秋限定で採集に行かねばならず……。

 

と考えるだけで楽しい。

2006年03月29日 水曜日☆休載告知☆

休載告知 00:35

諸般の事情により、

29日付の更新はお休みします。

何卒御了承ください。

2006年03月28日 火曜日締め切りは守りましょう

従来より、裁判の長期化という問題は幾度と無く問題になってきました。

特に、死刑などともなると決着を先送りしたい弁護側と、早期決着を望む検察側との綱引きから最高裁まで決着するのに十年以上かかるのも珍しいことではありませんでした。

 

その為に幾度と無く訴訟法、特に刑事裁判においては刑事訴訟法の手続の簡易化、裁判の迅速化を目的とした改正が行われてきました。

裁判の長期化は被告人被害者のみならず法曹(裁判所検察庁弁護士)、ひいてはその費用をまかなっている税金の払い手たる国民にもダメージを与えます。

ここら辺は別に法律家や法学部出身でなくても、マスコミ等の話題に耳を傾ければ理解していただけるはず。

 

勿論、被告人の刑事裁判を受ける権利を阻害してまで早期決着を計れとはいいません。

ただ、ただ死刑を先延ばしにするが為に安易な引き延ばし作戦を裁判所、ひいては司法も許しておくわけにはいかない、と言う判断が今回の高裁の控訴棄却という判断になったと私は解しています。

 

まあ「一罰百戒」「見せしめ」という側面もあったと思いますよ。

これだけの大事件でも訴訟手続を厳格に取ることで、他の事件に対する引き延ばし策を封じ込めた、ととっても問題はない筈。

 

安易な自称人権派弁護士の行動に釘を刺した。

むしろ最大の目的はそこにあったと思ってます。

2006年03月27日 月曜日花粉症

今日は暖かく風もあったため

夜に薬が切れて大騒ぎ。

 

と言うわけで今夜はこの辺で。

2006年03月26日 日曜日

[]ファミコンウォーズDS-キメンハントウ 00:22

ハチ+ハンナで攻略した際は、ごくごくオーソドックスな手で戦い、まあズタボロになりました。

 

で、自分なりの戦術ドクトリンでやってみることに。

今回のショーグンはハチ*1+ビリー*2

まずは偵察車と歩兵ばかり。

これはピーノジマで使っている手法で、狭い面だと割と効果的なのは実証済み。

敵を引きつけるのと歩兵に対する攻撃力。何より自軍部隊の展開の時間稼ぎにも。

 

これが功を奏し、前回より格段に速く攻略することができました。

 

*1:フィールドフリー+フォレストフリー+ゴールド+プライスダウン2

*2:サポートスター1&2&ガード+タックルガード2

2006年03月25日 土曜日

[]ひとみのカルテ(3) 00:37

ひとみのカルテ 3 (アクションコミックス)

ひとみのカルテ 3 (アクションコミックス)

女医であるひとみのお色気性生活を描いた傑作。

特に汁気たっぷりなところが良い。

 

こういう魅せる作家は好きだ。

2006年03月24日 金曜日

[]ファミコンウォーズDS 01:04

最近また『ウォーズ』熱が。

思えば、『ポケモン不思議のダンジョン』『だれでもアソビ大全』『英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け』以来半年ばかりご無沙汰していた。

相変わらず私はハチ&ハンナ使い。

 

トライアルのフタバミサキでは敵が『吸血鬼』ホークな為ハンナではなくリョウでやったところ、ハンナ使いのつもりで補給を軽視したため危うい目に。

 

まあ少し飽きてもまたやれるのが任天堂ゲームの良いところで。

……尤もウォーズシリーズだけはやり尽くす方が難しいわけで(苦笑)。

 

2006年03月23日 木曜日

[]クッキングパパ(85) 00:26

クッキングパパ(85) (モーニング KC)

クッキングパパ(85) (モーニング KC)

きんしゃい屋のママと荒岩の同級生のカップルが秋田を旅する。

 

腹が減って堪らない(涙)。

2006年03月22日 水曜日

[]エンジェル・ハート(3) 23:55

エンジェル・ハート (3) (Bunch comics)

エンジェル・ハート (3) (Bunch comics)

青龍」部隊 vs 新宿防衛軍(苦笑)。

そして謎の36番。

今回もしっかり楽しませていただきました。

 

やっぱり読み応えがあるのが嬉しいよなぁ。

2006年03月21日 火曜日

WBC(World Baseball Classic)-日本 vs キューバ 23:40

いやぁ、一時はどうなることかと思われましたが、何と結果は世界一。

 

おめでとう日本。

感動をありがとう日本。

春分の日に決勝を迎えて本当に良かった。

 

いろいろと文句を言っている国があることは承知の上だけど。

2006年03月20日 月曜日

[]おれはキャプテン(10) 00:12

おれはキャプテン(10) (講談社コミックス)

おれはキャプテン(10) (講談社コミックス)

今回は合宿編と新入生入学直前の話がメイン。

 

相変わらず新参チームをなんとか頭脳で引っ張っているカズマサが涙ぐましい。

ユッキーを狙うデレックが今回のポイント

2006年03月19日 日曜日お休み

休載告知

諸般の事情により、

19日付の更新はお休みします。

何卒御了承ください。

2006年03月18日 土曜日

[]C.M.B.~森羅博物館の事件目録 (1) 23:37

C.M.B.森羅博物館の事件目録(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

17日付で述べた「Q.E.D」と同じ加藤元浩ミステリーコミック

月刊マガジン連載中。

 

このコミックの舞台は「博物館」。

キャラ立ては「Q.E.D.」、「ロケットマン」同様に知性派男子キャラと行動派女性キャラのコンビが活躍するという氏の王道スタイル。

 

どうしてこんなに話の作り方が旨いのだろうかとグイグイ引き込まれてしまうところが心憎い。

2006年03月17日 金曜日

[]Q.E.D.(23) 01:00

Q.E.D.証明終了(23) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(23) (講談社コミックス月刊マガジン)

現在連載中の推理漫画の中では最もお気に入りの一つ。

今巻は、台湾から、沖縄に向かう際に燈馬一行が殺人事件に巻き込まれる『ライアー』と、数学史上難問の一つに上げられる「リーマン予想」に関わった教授の失踪事件『アナザー・ワールド』を収録。

 

特に『アナザー・ワールド』はぐいぐいと引き込まれてしまった。

教授の残した四行詩と絵。これを頼りに燈馬は彼の遺言とも言うべき謎を解いて行く。

いや、本当に話の作り方が旨かった。

 

目の前に「真理への入口」を見せつけられたら……。

 

一番驚いたのが、宇宙の総原子数を合わせても10の80乗にしかならないということ。

多いなぁと思ったけど同じページで「スキューズ数」、10の1兆乗の1兆乗の100億乗なんて数字を出されると困惑する。

 

2006年03月16日 木曜日

[]2006年4月期発売分コミック・購入希望リスト+α 23:37

3/31 マリア様がみてる くもりガラスの向こう側

04 冒険王ビィト(11)

04 こちら葛飾区亀有公園前派出所(149)

04 武装錬金(10)

05 ゴルゴ13(140)

07 番長連合(14)

12 うちの大家族(3)

17 魔法先生ネギま(14)

21 サクラ大戦 漫画版(5)

28 監察医 朝顔(1)

28 白泉社 ごめんね、マリア様  玉越博幸

28 ふたりエッチ(31)

28 ラブコメすたいる(1) 矢凪まさし

(情報もと;まんが王)

2006年03月15日 水曜日

[]総務部総務課山口六平太(51) 00:02

総務部総務課山口六平太 第51巻 (ビッグコミックス)

総務部総務課山口六平太 第51巻 (ビッグコミックス)

六平太ももう51巻目。

 

表題の『ある夏の日に』は不思議な夢を一週間以上見続けていた六平太が、帰郷したときに、少年時代の出来事を思い出す一品。

『防災訓練』のラストの課長のセリフには思わず頷いてしまった。

「(備蓄してある災害対策食料)が無駄になるのは心苦しいが、災害はごめんだ!」

「日々平安が一番ですよ」

 

2006年03月14日 火曜日先達

とある雑誌で秋葉原特集なんてのがありまして、パラパラとめくってみたわけです。

私の行きつけの店が全く載っていなかったorz

 

まあ良いんですけどね。

ただ、誰でも「萌え」「メイド」ばっかりを求めて秋葉原に行くと勘違いしている節があるのが何とも。

そう言う要素が全くないと全否定するつもりはありませんけどね。

 

実際、あの手の雑誌で無線ネタなんて振ってもノリが悪いのは目に見えてますし。

 

ただ、幾ら初心者向けとはいえものには限度っちゅうもんが(汗)。

 

「すこしのことにも、先達はあらまほしきことなり」*1

*1徒然草・第52段「仁和寺のある法師」 より

2006年03月13日 月曜日

WBC(World Baseball Classic)-日本 vs アメリカ 00:46

アメリカホームランバカスカ打って圧勝だったらこんな事も起きなかったんでしょうけど。

どっちにしたって「メジャーリーグ」の権威をあの審判が傷つけたことには間違いはないわけで。

あの審判も一生今回のことが付いて回ると。 

 

やっぱり良くも悪くもアメリカらしい感じ。

2006年03月12日 日曜日

[]スーパー戦隊画報(1) 01:08

言わずと知れたスーパー戦隊ムック本。

この本では秘密戦隊ゴレンジャー超新星フラッシュマンまでを収録。

 

収録されているので思い出深いのは「太陽戦隊サンバルカン」「科学戦隊ダイナマン」「電撃戦隊チェンジマン」かな。

ビデオにとっても最近は最近は見る暇がなかなか無い(泣)。

 

もうすぐ二巻目がでるとか。

三巻目はおそらくボウケンジャーをフォローするためからか、来春(2007年)発売だと。

気の長い話じゃ。

2006年03月11日 土曜日

[]忍空-SECOND STAGE-干支忍編(1) 00:30

忍空 1―SECOND STAGE干支忍編 (ジャンプコミックス)

忍空 1―SECOND STAGE干支忍編 (ジャンプコミックス)

以前フジテレビ系で放映されていたこともある。

ジャンプ系にありがちな戦闘傾向の強い作品になり出したところから付いて行けなくなってしまった。

いろいろと諸事情もあったようだが……。

  

今作は仕切り直しとも言える第一巻目。

ウルトラジャンプは月刊なので比較的余裕があるのでは?

 

ちなみにアニメ版の風助は松本梨香が演じていた。

2006年03月10日 金曜日

休載告知

諸般の事情により、

10日付の更新はお休みさせていただきました。

何卒御了承ください。

2006年03月09日 木曜日

[]王様の仕立て屋(9) 00:28

王様の仕立て屋―サルト・フィニート (9) (ジャンプ・コミックスデラックス)

王様の仕立て屋―サルト・フィニート (9) (ジャンプ・コミックスデラックス)

今回は日本編~北イタリア編まで。

第49話は袋とじ、第50話はOh!SJ2月号連載分。

 

相変わらずストーリーの運び方が旨い。

ぐいぐいと引き込まれてゆくところは流石。

最近はこういう蘊蓄漫画も増えてきたが、ストーリーでも見せてくれなきゃダメ。

その点、本作は安心して読める。

 

ちなみに連載しているSJ本誌ではフランス編に突入。

2006年03月08日 水曜日

休載告知

諸般の事情により、

8日付の更新はお休みさせていただきました。

何卒御了承ください。

2006年03月07日 火曜日

[]轟轟戦隊ボウケンジャー オープニング&エンディング 23:44

轟轟戦隊ボウケンジャー主題歌

轟轟戦隊ボウケンジャー主題歌

私が思うに、戦隊もののオープニングには二つのパターンがある。

ダイナマンチェンジマンガオレンジャーなどの熱唱(シャウト)系と、ターボレンジャーマジレンジャーなどのポップス系。

テレビで始めボウケンジャーOPを聴いたときにはポップス系かな、と思ったがよくよく聴いてみれば以外と熱唱系なのかも。

エンディングも激しさとしっとりが混在していていい感じ。

2006年03月06日 月曜日

[]月刊少年マガジン-C.M.B.~森羅博物館の事件目録 23:37

Q.E.D.主人公、燈馬想の親戚筋に当たる森羅少年が主人公

Q.E.D.とはまた少し違ったテイストのミステリーで期待大。

今号では森羅が持っている賢者の印し「C」「M」「B」の刻まれた指輪を狙う若き研究員が相手。

研究員は指輪を賭けて罠を仕掛けるが……。

 

次回を大胆予想(当てずっぽうとも言う)。

おそらく森羅はレリーフのかけらを既に何らかのルートから所持。

一方の研究員が押さえている盗難犯人はそのかけらの詳細を覚えていなかったために負け。

 

じゃ、ありきたりかな?

2006年03月05日 日曜日風邪

どうも風邪のせいか腹の調子がおかしい。

こうなると整腸剤や下痢止めだけでは効果が薄く、風邪の方を治した方が回復するときが往々にしてある。

 

加えて花粉症では全くもって恨めしい。

2006年03月04日 土曜日お休み告知

休載告知

諸般の事情により、

4日付の更新はお休みします。

何卒御了承ください。

2006年03月03日 金曜日

[]コンシェルジュ(5) 00:04

コンシェルジュ 5 (BUNCH COMICS)

コンシェルジュ 5 (BUNCH COMICS)

小売業だが接客業をも営むものとしてつくづく考えさせられることの多いコミック

 

「プロというのは自分にできることと同時にできないことも知っておかねばなりません」

これを読んだその日のうちに宅配サービスで無理難題を行って来た客に困惑させられたので非常に身につまされた。

2006年03月02日 木曜日

[]フランス書院文庫パラダイス23:57

誘惑 未亡人レストラン~柔肌フルコース

熟・女・接・待 最高のリゾートホテル

 

フランス書院文庫と言えば、まあアダルティな小説の筆頭と言っても過言ではない最大手の一つ。

その七割近くが女性の「意に反する」傾向が強い作品。

しかし、つい最近設立されたらしい「パラダイスレーベルはどうもその傾向とは一線を画しているようだ。

先日述べた例を言えば二次元ドリームノベルズ二次元ドリーム文庫ぐらいの差か?

 

ハーレム&ハッピーエンド好きな私としてはなかなかのレベール。今後も期待大かな。

2006年03月01日 水曜日ナンクロ……続き

[]ナンクロ 01:25

昨日「いすか」と言う鳥の名前が出てくるパズルについて述べた。

ただ、ナンクロはもとより普通のクロスワードでもそうだが、「あまり小難しい単語」を使うのは如何なものかと思う。

 

勿論「超難問雑学クロス」とか「鳥の名前全集パズル」というなら話は別。

けど普通は一般常識程度、せいぜい高校生レベルのおつむを持っていれば解けるパズルでなければ、作者にセンスがないと罵られても仕方がないのでは?

それが特にカギのないナンクロだったら余計にそう感じる。

 

無論パズル作家にはパズル作家の苦労があると思うけど(苦笑)。